水しぶき

錆びにくい金属製品ではフッ素コーティングの防湿性が役立っている

水滴

最近では、錆びてボロボロになり使えなくなったことが理由で、金属製の調理器具を買い替える人は殆どいないのではないでしょうか。優れた熱伝導性と丈夫さゆえに、様々な製品で重宝される金属ですが、意外にも湿気に弱いという弱点があります。水を吸ってすぐに軟化したり腐ったりするわけではありませんが、長い間水分に晒されていると、酸素がある環境下では、錆び付きによって徐々にもろくなってくるのです。金属は、有用であると同時に、その独特の光沢ゆえに美観も備えた製品が多いですが、これもまた、錆び付きによってすっかり台無しになってしまいます。
そこで役に立つのがフッ素コーティングです。最近、一般に利用されている金属製の調理器具が、滅多に錆び付きでボロボロになることがないのは、フッ素コーティング加工のお陰で優れた防湿性を備えているためです。水、酸素、そして金属の存在によって錆び付きが発生しますが、酸素がない環境を作るのが非現実的である以上、残る手段は水分を防ぐこと、即ち、防水・防湿ということになります。フッ素コーティングは、この両者を可能とする技術です。調理器具に関しては、非粘着性という効果が注目されることが多いフッ素コーティングですが、防湿効果もまた、金属製調理器具の耐久性と見栄えを長期に渡って維持するのに大きな貢献をしています。

フッ素コーティングの防湿性が役立っている様々な製品

製品が劣化する原因としては、製品の素材や作りによって様々なものが考えられますが、意外なことに、非常に身近な存在である水分が原因で劣化する製品は数多くあります。一般に湿気が大敵と考えられている製品のほとんどが該当しますが、代表的なものと言えばやはり金属でしょう。金属は、本来は耐久性に優れた素材で、屋内屋外問わず、そして、大きな製品から小さな製品まで、ありとあらゆる製品の素材、部品等として幅広く利用されています。しかし、水分に晒される環境下では、錆びによる劣化について、常に配慮が必要です。
そこで、フッ素コーティングによる防湿性が大いに役立つことになります。例えば、様々な精密機器に数多く使われている金属部品も、フッ素コーティング加工しておけば、防湿効果のお陰で錆びつかず、製品の耐久性や機能性を維持することができます。また、金属製の調理器具も、防湿対策が出来ていれば、湿度の高いキッチンで長く使っていても、簡単には錆びつきません。
また、金属以外で特に水分に弱いものと言えば、皮革製品があります。雨水を直にかぶるなどというのはもってのほかで、高湿度のクローゼットで保管しているだけでさえ、防湿対策なしだとカビが生えたりします。ここでもまた、フッ素コーティング加工の防湿効果によって、湿気のダメージを受けにくい製品が数多く作られています。

フッ素コーティング加工で建材に撥水防湿性を付与しよう

建物の大きさにもよりますが、新しい建物を建てるのには、工期としてある程度の日数が必要です。建築に使う木材は、建物の建設中、屋外の建築現場で野ざらしにされますが、その間、天候が悪化して雨に降られたり、通りすがりの通行人が木材の上に何かをこぼしたりすると、建材が汚れてしまいます。これを防ぐため、ビニールなどの水を通さない素材で出来たカバーをよく使いますが、それと併せて、木材そのものをフッ素コーティング加工しておくことで、建材の汚れを一層確実に防ぐことが出来ます。
これは、フッ素コーティングによる撥水性という効果のお陰です。撥水というのは水をはじく性質を意味し、この特性を備えた建材は、水を木材繊維の中まで通しません。加えて、フッ素コーティングには防湿効果もあり、これもまた建材の劣化を防止するのに有効です。仮に、建物の建設中ずっと晴天続きだったとしても、木材は、空気中の小さな水分、即ち湿気を吸収してしまいます。高湿度な季節だと空気中の湿気も量が多く、これを沢山吸収した結果、カビで建材が汚れたり、シミになったりする場合があります。フッ素コーティングを施しておけば、高い防湿効果により、吸湿による建材の汚れもブロックし、綺麗なまま維持することが可能になります。
建材を使う場合は、フッ素コーティング加工により、撥水・防湿仕様を備えたものを選びましょう。


精密機器、壊れてはならない大事なものでも予期せぬタイミングで壊れることがあります!『株式会社フロロテクノロジー』は防湿のコーティングなどで壊れることを未然に防ぐために努めています!

フッ素コーティングすると製品に防湿性が備わるメリットがある

半導体

製品の性能や品質を劇的に向上させれば、多少価格が上がっても、その製品を選んでくれる消費者が増えます。しかし、通常は、多少の値上げで元がとれるようなコストで、品質・性能を劇的に向上させることは非常に難しいものです。それを可能にしてくれる稀有な技術の一つがフッ素コーティングです。フッ素コーティングのメリットは、その加工を施すことで、製品が本来は持っていなかった数々の便利な特性を追加で付与できることです。例えば、金属部品は、本来は錆に抵抗する性質を備えてはいません。しかし、フッ素コーティング加工を施すと、金属表面に作られた薄いフッ素樹脂被膜が、防…

防湿効果も発揮してくれるフッ素コーティング剤が原液の防水スプレー

スマートフォン

最近では、何気なく購入したスーツやシューズでも、雨の日に外出して酷く濡れて困ったという経験をする人はあまりいないのではないでしょうか。雨に濡れにくい衣服や靴は、素材の繊維にフッ素コーティングを施してある場合が多いです。フッ素コーティングは、テフロン加工という名称で、食材がこびりつかずに綺麗に調理できるフライパンで有名です。フッ素コーティングは対象が繊維でも応用可能で、これにより、食材の代わりに雨水をくっつけない衣服やシューズが作られているわけです。更に、フッ素コーティング剤を原液とする防水スプレーを使えば、水をくっつけない性質は一層強固なも…

フッ素コーティング加工で防湿性を備えたことで快適便利になる製品

基板

アウトドアアクティビィティがお好きな方なら、屋外で急な嵐に見舞われても、ずぶぬれにならないウェア類やバックパック、テントなどをよくご存じでしょう。こうした製品は、撥水性という特性をそなえた繊維で作られており、その撥水性は、フッ素コーティング加工によって付与された特性です。撥水性を備えたアウトドアグッズは、同時に防湿性も備えています。これは、ウェア類においては特に大切な特徴と言えるでしょう。気温が高い日や、涼しい日でも、長時間の山歩きなどで多少汗をかいても、こうしたウェア類を身に着けていると、蒸れて不快な思いをすることが殆どありません。それは…

防湿効果のあるフッ素コーティングの特徴とは?

パソコン

フッ素コーティングには防湿効果があります。例えば基板にフッ素コーティングを施すと、湿気から基板を保護することができます。防湿コーティングにはフッ素以外にシリコーンなどを用いたものもありますが、フッ素コーティングには他のコーティングに無い特徴が2つあります。1つ目は他の様々な機能も備えていることです。フッ素コーティングを施すと、防湿効果の他にも撥水・撥油・防錆・耐酸効果を付与できます。基板や他の金属製品などを、湿気だけでなく油・酸からも保護したい場合にはフッ素コーティングが適しています。フッ素コーティングの2つ目の特徴は、他のコーティングに比べて薄膜…